2017/12

<< December 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


誕生日inホッカイドウ

こんばんは。なんだか本当にライブレポブログと化してきましたここです。
更新がなくても見に来てくださる皆様には申し訳ないです…。ニュース拾ったりもできず。うーん。
と、いうわけで!今日は意義のある更新を!(笑)

昨日の【夢チカ18】(このブログには何度も出てきてますがw北海道のローカル音楽番組)に、The Birthdayが出てました。かなり面白いインタビューだったので、簡易文字起こししてみました。ほんっとに面白い話で、見ながら爆笑してたんですが。映像無いと面白さ半減かなぁ。でも雰囲気&ナイスエピソードだけでも伝わればいいな。

バースデイ(カタカナ表記だと、バースデイ or バースディ、どっちがいいんだろ?w)の面々、面白いですね。スペシャの特番も腹抱えて笑いました。ダーツ対決。
バースデイ、音はどうなのかな…って思ってたとこもあったのですが(KIKIは好き)、その特番とかで後ろで流れてた曲たちが凄くかっこよさ気だったので、アルバムちゃんと買おうと思います。

お金ができたらな!(泣)

以下文字起こし。(隔離してみました)

続きを読む >>


のっちゃっちゃってるのかーい!

CS三昧。な、日々。です!
楽しい!素敵!




というわけで、10月に入ってからもますます楽しんでおります。CS。
13日の金曜日には髭ちゃんライブ中継。
ああ、もう、素敵。どうしましょう。
髭ちゃんライブは2度しか見たことないのですが(しょうがないもの北の国だもの)
1度目はあまりの衝撃に記憶が乏しく、2度目(エゾ)ではろくにステージを見ず、踊りまくっていたので、髭ちゃんステージの細かなところを色々と見れたこの放送は、
かなり面白かったです。

いや、ずるいですよ!髭さんたち!
あの世界観は!カラフルでポップでキッチュで毒毒しくてキュートないろいろが、ごちゃまぜになって存在しているあの感じ。見てるだけでウキウキワクワクしてしまうあの感じ。
しかも曲はかっこいいしね。
ああ、ずるいずるい。
あんなの大好きに決まってるじゃないか(笑)!

あー私も早くワンマンに行きたいです。

それにしても、流血しててもあんまり違和感のない須藤さんが好きですw
何やっても驚かないよもう。

--------------------------

RIJFの放送も見ました!
NATSUMEN、かっこよすぎます…!!うわぁ。
lostageもビリビリしてました。かっこいい!
髭ちゃんももちろん良かったです。コテイスイのサンタww

そして今日はエゾの放送の3日目。
あ〜…戻りたい、あの日に(遠い目)
アナログ、バタフライが聴けて嬉しかったです!
やっぱり斉藤さんのドラムが好きすぎます。

髭ちゃん、またダーティーだったなああああ〜
いや、いいんですけども。
…ギルティーがよかったなあ(遠い目)

こめこめのオンエア長っ!(笑)

それにしても、ムーンの放送が短すぎます!!!
ムーン、ちゃんとしたステージなのよ?
グリーンよりも歴史あるのよ??なんだかなー。
サンステ3曲もやらんで、ムーンに時間回してほしいよ…。
来年に期待。

来週、ついにモーサムです!!
長かった〜(笑)
hangsongオンエアになるかなあ。


文明開化と日々GOGO

わたくしごとですが

ついに我が家にも
ス カ イ パ ー フ ェ ク テ ィ ー ヴ ィ ー
が!導入されました!!
遅っ!って?
すいません。
自称も他称も音楽好きとして周りの人に認識されている私ですが、
スカパーとiPod、
この音楽好き人必須の2大アイテムを持っていないという事実。
周りに言わせると、「…なんで持ってないの?」とのことで…。

そう、例えていうなら、
どうぶつの森で、虫とりあみと釣りざおを購入せずにプレイするようなものです!(例えが狭い)
というわけで、例えていうなら、無事に釣りざおを買いました、というわけで、今日から楽しい日々の始まりなわけですよ!!
いやあ〜CS見られる皆さん、こんなに楽しい日々をおくっていたんですね…知らなかったわあ。快適すぎます。もっと早く入るべきでした。



ということで、
現地に行けずにもやもやとしていたSLSも、生中継で堪能しました!
バタ犬復活ーー!!!!
めでたいです!
1曲目が「さよならCOLOR」…!
犬ライブが終わってから、あの短い時間を考えると、その分違う曲が聴きたかったとも思いましたが、
でもやっぱりこの曲で復活してくれたのがよかったかも。
なんというか…。境界線の曲。
4年前のさよならカラーと、今のさよならカラーが
重なって、途切れてたバタ犬の歴史を綴る道が繋がったように感じたよ。

その後の楽しさっていったら!
テレビの前で歌ったり踊ったりしてしまいましたw
やっぱり楽しい!やっぱり生で見たい!!!
来年のエゾ決定で!お願いします!
コミュニケーション、五十音とか嬉しいですね。
うーん5曲は短い…!!
FUNKYウーロン茶やマッケンLOやLOVERS法は今後におあずけでしょうかっ
いや〜
みんなほんとに楽しそうだったねえ!めでたいね!


あと、その後のブンブンかっこよすぎです
かっこよすぎてどうしていいかわかりません
今日もアゲアゲセットリスト!
一気に会場の雰囲気変わってました。見事ですなあ!
サマソニでのブンブンもこれまた非常にかっこよかったです。



いや〜
スカパーすばらしいですね。
これから堪能しますっ。

今まで「あれ録ってこれ録って」とワガママ聞いてくれた友人に超感謝です。
ありがとう〜〜!私、自立するよ!!w




アライブ

MO’SOME TONEBENDER LIVE @ EBISU LIQUID ROOMMO’SOME TONEBENDER LIVE @ EBISU LIQUID ROOM
発売されてからもう2週間も過ぎてしまいました。感想書くとか言っておきながら…。
ファン待望のモーサム初のライブ映像DVD。昨年秋に行われたペチカツアー@東京の映像!かっこよいです。ねー。すでに何度も見ていますが…。ね。セットリストがとても良いと思います。2005年のモーサムを代表するような曲と、今までのモーサムの代表曲もちゃんと入っているので(ハンソンは入ってないが)入門編としてもよいんでないの?な感じですね。


では以下箇条書きで個人的感想(もう皆さんご覧になっているとは思いますが…ネタバレしますからね。)


印象的だったものを箇条書きで
・オープニングの咥えタバコモモかっこよすぎ
・アウッド→BIG-S最強
・BIG-Sのモモギター&足大振り下ろし
・タケイ氏とアイコンタクトを取るイサム
・ビーバナのモモ語
・「今誰かロックンロールっていった?」
・運転するモモ
・アンハピのイントロ
・「さぎしまっがーい」のモモの謎の手の振り
・アンハピのイサム
・アンハピアウトロのギター
・ルーラのタケイダンス
・「完全直下ロッキンルーラー!」って
・ルーラのベースがすき
・ダミアンが凄すぎ
・「おくばにもにがはさまってるよ」モニ?
・同じことばっか言わすな!
・ハッピーアイスクリームのギター
・この口がわらわいーのもとー(指がw)
・わーんうぇーい!
・朝霧のロケーション最高すぎますね
・ばーちーかーぶーるぇえーーー!
・♪あああーいぇいぇいぇいーわわわー
・タケイ降臨祭
・カメラ目線(笑)
・未来のアウトロのタケイ氏の低姿勢具合
・開脚モモ
・くねくねしすぎ
・TOKYO HEAVY良い曲やね…



全体的に思ったことは
・全体的に勇カワイイ
・全体的にタケイ肉体美
・全 体 的 に モ モ カ ズ ヒ ロ

この日の見所は百々さんです、
と、聞いてはいたのですが…
ここまで面白いかっこいいとは思いませんでした(笑)
モーサムのライブといえば、やはりタケイパフォーマンスやイサムの超絶ドラムに重きを置きがちだったのですがと、私は甘かったです…。モモだ(笑)。モモの凄さ面白さに気づけてよかった。アンハピと凡人が突っ込みどころ満載です

あと、曲順違いもああいう作りだったら気にならないかな?と、思いましたがどうでしょう。最後はやっぱ3人で終わってほしかった気もしますが。オフショット抜きでライブ映像だけぶっ通しで見られるモードもつけて欲しかった、とか、もっとイサムを映して欲しい、とか、イサムの速さをちゃんと捕らえられるカメラにしてほしい、とか、むしろイサム定点カメラが欲しい、とか、要望をあげればキリがありませんが、よかったと思います。
これがモーサムの最高レベルのライブかと言われれば、もっと凄いんだよ、ってちょっと言いたくなる感じもするのですが…でも、それでもかっこよいし、面白いし(笑)、今モードのモーサムが記録されたものとしては結構満足しました。あーほんと、見るたびにテレビの中に飛び込んで行きたくなります。ツアーごとに出して欲しいなぁ。DVD。


ピロウズ@なまおん

先週の土曜日、北海道のローカル音楽番組『なまおん』にピロウズさんが出ておりました。『FUN FUN FUN OK』なんて名乗っているブログですので、そのときのレポでもしようかと!思います!ね。需要があるかどうかはわかりませんが…。


出演はさわおとPeeちゃんのみ。しんちゃんは?道産子じゃないから?そんな!
全部が全部文字起こしなわけではないのであしからず。


■まずは軽い自己紹介とか。
★北海道のご出身なんですよね?
さわお(以下さ)・実家は銭函、海水浴場のまん前。
        ・中学生の時から水着ウォッチング

★音楽へのスタンスは変化している?
さ「音楽そのものとのつきあいはあんまり変わらないですけど、ピロウズの表面上のサウンドっていうのは結構、かなりどんどん変わってきてるタイプのバンドで、マイブームがわりと動くタイプのバンドなんで」
Peeちゃん(以下p)「オレたちはこれこれこうだから、こういうのしかやらないぜってスタンスではなくて、おもしろそうとか、これはかっこいいとか。」
さ「そうなんだけど、ロックンロール20年とかっていうバンドに憧れるんだけど、かっこいいな、っておもうんだけど自分達がやると、違う。何でも楽しめるタイプなので自然にそれに従っている」


■トリビュートについて…
・トリビュートの時に寄せられたコメントを読み上げ。バンプの基央のコメントで笑ってました。
・竹善さんからのコメント。

■アメリカでのライブについて
DVDの映像を見つつ。
(「Tonight, I teach you real rock music!」というMCに対し)
さ「何言っちゃってるんでしょうねえ!!日本語じゃ絶対言わないんですけど。英語でMCをするとそういうスイッチが入っちゃうんでしょうね…」


■さわおの「原点」について
さ「結成した時は20歳だったので、若かったし、いや〜これはすぐ売れちゃうな〜!みたいな風に完全に勘違いしてましたからね、それこそ今で言うバンプオブチキンぐらいの、ああいうポジションになっちゃうわこれ〜みたいなね で、まったくなんねえんだこれ。」

・原点『ミルク』(札幌市東区にある喫茶店。練習スタジオを経営して25年、ゴーバンズなどを送り出したこともある)の店長さんへのインタビュー
★当時の山中さわおの印象は?
店「あんまり話したことない。実際。基本的には無口。警戒されてたのかなw」

★当時の練習スタジオへ。(超年季入ってるスタジオ。アパートみたい。)
さ「冬寒いんだこれ」というさわおに、去年エアコンが付いたことが知らされる。驚いていた。

★店長さんによる当時のエピソード
さわおのアルバイト先の社長が急に倒れた時、さわおがフル回転で働いて会社を潰さないように支えたそう。アルバイトなのに!!
店「アルバイトがだよ!?責任感の強さ、人情。珍しいよね。…あ、誉めすぎた?w」
さ「いいじゃねえかべつにw」

★店長は店内に貼ったライブの告知ポスターを大事にとってあるらしく。スタジオにはコインロッカーベイビーズ(さわお上京前のパンクバンド)のポスターが!!!(ヤバイ!髪がツンツン!時代を感じます笑。見えた限りだと、ペニーレーン、ベッシーって書いてたな。チケット500円だって。)

★この時はどういう人だったか
さ「今よりわかりやすくてまっすぐで、何事にも誠実で正直というかそういう風に生きてましたね。…もう汚れちゃいましたけどw」


■増子兄ィは「運命の人」?
兄ィはピロウズにとって運命の人だそうです。

さわおがコインロッカーベイビーズを解散させて東京に行くか悩んでた頃、増子さんに相談したそう。そしたら兄ィは「いや、行け」と。
さ「要するに、そのバンドを解散させて、しんちゃんと上田ケンジとやるってことだったので、メンバーを裏切るようなことだったんで悩んでたんだけど、『俺だったらメンバーに土下座してでも絶対行くぞ。お前は行くべきだ、東京に行け』といってもらって、行くことを決めた。でも、実は嘘で、増子さんは絶対に一人で東京行くタイプではない。僕が行きたいっていうのをわかって、言ってくれた。後から考えるとそう思う。」

…すごい。兄ィが兄ィといわれる所以をまたも知った気がする。
Peeちゃんも兄ィの紹介だそうです。


さ「バンドをやっている僕の一番の青春時代はピロウズをやる前の2年間で、それが僕を作ってくれた時間。その当時(1987年頃)は怒髪天・bloodthirsty butchers・eastern youthがいて、それをチケット500円とかで見れるわけで、もうほんとに僕は夢中で、世界の音楽よりも東京の音楽よりもどこよりも札幌の音楽が一番好きで、ブッチャーズになりたい、っ怒髪天になりたい、イースタンユースになりたい。そこからいろんなものを勝手に盗んで、ソングライターができていったと思う。それが音楽通したうえで思い出す北海道。」


■ピロウズは今後どういう風に変化していく?
さ・ひとつだけ決めていることは『解散しない』こと。
 ・まだまだ飽きてない。


■今度なまおんのイベントに出るという札幌の新人バンドの映像を見てどうですか?と問われ…

さ「あれですよ、僕はピロウズ以外のバンドは解散してほしいと思ってますから!若い芽は全て潰したいですから」(といって足でぐりぐり潰す真似)
「危険です危険です。」


さわおさん……笑。


-----------------------------------


といった感じの番組でした。
読みにくいかも。すいません。


北海道ならでは。私は未だにピロウズ結成当時のこととか知らないので、
すごく面白いインタビューでした。1987年頃の札幌ってほんとに凄かったんだなぁ…。って改めて思いますよね。(私まだ幼稚園児の頃ですわ)

またゲストに来てくれるかはわかりませんが次回はPeeちゃんにも質問期待…。


遠い でも きらり 会いたいな

Mステ見ました。シンガーソンガー。

こっこちゃん、緊張してたみたいだけど、
良かったです。
にこにこ笑って出てくれて嬉しいなぁ。
と思いました。岸田、グッジョブ。(謎)

トークで岸田とタモさんの電車トークを期待した人、私以外にもいらっしゃると思うんですけど、残念でしたねぇー。

あと、佐藤君とだいたろうさんが楽しそうだったのが、よかった。
あと、岸田がやっぱり少し気持ち悪い動きをしてたので、よかった。
そんな岸田が好きです。
でもやっぱりメガネの岸田がいいですよねぇ。

あー明日のフェスうらやましかー!


貴様に伝えたい

こんばんは。今日はサッカー見に行ったので(勝ったよー!!)、朝が早く、昨日感想かけなかったのですが、しかと観賞させていただきました。
先日の、向井秀徳×椎名林檎・僕らの音楽。
見逃す理由がどこにありましょうか。

非常に、良い番組でした…。いやだわ、何か放心でしたよ。昨晩は。
だって初っ端から「あんた美人やねぇ」て!そして照れまくる林檎ちゃんの色っぽさEROっぽさったら!!笑。
林檎ちゃんがインタビュアーっていう立場だったようなのですが、どっちがインタビュアーだか、という感じでした。でも、林檎ちゃんは、私たちと同じようなファンの目線で向井とお話してくれているようで、何だか良かったです。福岡時代の話やらバンドの話やら…。向井の音楽やバンドに対するスタンスとか、やっぱかっこいいなぁと思いました。そして、逆に林檎ちゃんの考えも知れて、普段聞けないような話も聞けて。よかったです。
向井の夢は「映画制作」、そして林檎ちゃんの夢は「再婚」。お子はもう4歳になるのですね。お子は林檎ちゃんのことを「母」と呼ぶそうですよ!
か、可愛い…!!

そして、『KIMOCHI』が凄くよかった。艶っぽい『KIMOCHI』。向かい合って歌う2人。この曲を歌うとは思っていなかったので、嬉しい。そして素晴らしい。「貴様に伝えたい 俺のこのキモチを」って見つめる向井にはにかむ林檎ちゃんの美しさ…!もう、結婚してしまえ!と思ってしまいました。笑。

そして、最後には、7分越えの『自問自答』。地上波でこの曲が聴けるなんて。フルで聞かせてくれたフジに感謝。張り詰めた空気が、テレビから伝わってくる感じ。すごいや。ね。

凄く濃い放送でした。何か幸せでした(笑)。
向井ファンも林檎ファンも両方のファンも、満足できたのではないでしょうか。どっちのファンでもない人はどう思ったのか、ちょっと気になります。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--