2018/10

<< October 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


いつか越えて行くさ

ナイフトリの他にも。買ったり。いろいろしてました。
そういえば2ヶ月くらい聴いた音源メモをさぼっておりました。
ほんと、私はだめだ…。
最近ちょっと思ってたことを書きつつ、思い出したものだけメモ。



MUFAS/copy
ex.pre-schoolのばくちゃんとecoちゃんのユニット。タワレコ限定シングル。買いました。試聴して、すぐに、ああ、購入決定!と。電子音とロック。ダンスミュージック。しかもポップ!どこか歪んだ音が好きです。特に2曲目!踊ります。部屋で。後期プリに近い感触かも?
ちなみに、ジャケは3色あって(赤・水色・オレンジ)私は水色を買いました。オレンジなかった。

ほんと、最近は妙に、エレクトロニックな、所謂、電子音ですね、の効いたロックに弱い!!気がする!ってか弱い。何か、もう今更な感じですが(笑)。
昔はダメだったんですー。子供の頃。(今も精神的に子供だけど!っていうお約束も一応言っておく。)ロックンロールに打ち込みとかシンセとか、小賢しい細工はいらないのだ!とか思ってた時期が何故かあったのです。それこそ、くるりがTEAM ROCK出したり…スーパーカーがFuturama出したりした時かなぁ。当時高校生?かな?の私はそれらのアルバムを聴きながら、「なんで皆そっちに行ってしまうの〜これはこれでいいけど〜でもおおおお」と思ってました。プリスクールもそうだったなぁ。

しかし、ここ数年…やっと良さがわかってきた。というか、そういう音に反応してしまうようになった。きっかけはモーサムのトリハピ…というか、初めてライブでhangsong聴いたときでした。ライブでやるとこんなに凄まじい音になるんだあああと武井さんのトランペットケツ振りを見ながら震えた思い出があります。なんだろね。あれ。そこから段々聴けるようにというか、良さがわかるようになってきて、出会うべくして出会ったグレアド…。その私の気分にドンピシャな時期に『FULL OF〜』を出したブンブン…。洋楽も今まで以上に聴けるようになったり。

うーん好きです。しかも、ロックの要素が強いやつ。最近そういうのばっか求めてる。更に踊れるロックっていうか…何かもう何にも考えられなくなるようなやつがいいなぁ…。あーあ。何かもう、現実逃避したいっていう思いが好きな音楽にも影響出てるんだろうか…(笑)。


そんなわけで、5、6月は本当にこれを良く聴きましたよー。
ONBOOM BOOM SATELLITES/ON
かっこよすぎます。もう。1曲目のKick it outから、鳥肌もののかっこよさ。キラーチューン。似たような曲が多いと言ってしまえばそうかもしれないのですが、それは統一感ということで。こんなかっこいいのが最初から最後まで続くなんて。凄い。テクノとロックのバランスっていうのでは、前作の方が個人的にはベストだったような気もするんだけど、これはこれで前作よりさらにロック側に寄り、シンプルになった分、よりダイレクトに踊らされる感じ…。まさに、最“強”?たまらんです。単純に。



と、ここまで。
散々電子音が!とか言っておいて、超シンプルなロックンロールもやっぱり大好き。切り離せず!!
TWISTIN’HEADRadio Caroline/TWISTIN’HEAD
買いました。レディキャロのシングル!ヤバイ!3曲ともかっこよすぎます。キャロはメロディーが良いとこが素敵なのだよなぁ。1曲目TWISTIN'HEADから、3曲目のシンヤボーカルのカバー曲まで、駆け抜けるロックンロール。この勢いの凄さは聴けばわかりますっ。初回限定のDVDもイイ!でっどえんどさまー。ライブのお3人、音も姿もかっこよすぎます。


ロックンロールと言えばこれも。
EMISSIONSROSSO/EMISSIONS
4曲で30分超え、って正直どうなの?と思ったのですが、聴いて痺れました。濃厚!なんか、こういうのをロックンロールっていうんでしょお母さん!みたいな。子供が、私わかったよ!って言う時みたいな。凄さが明確。4曲で30分、全く飽きずに聴ける。最後まで続く緊張感にどんどん惹きこまれる。完成されたCDのはずなんだろうけど、常に音が蠢いて生きている感じだとも思った。これからどうなるんだろう。と。本当にROSSOの音楽は、チバの書く詞の世界観とかもあいまってるんだとうけど、映画を見ているようだ。と思うよ。映像が浮かぶ。そういう感じがこう、より強く感じられるなぁと思いました。ラストの『発光』はもう、圧巻。


シンプルなロックンロールが!
と言っておきながら、相変わらず歌ものも好きです…
PERIDOTSPERIDOTS/PERIDOTS
うわさのペリ。声や歌の持つ力、というのを久々に強く感じました。ペリの曲を聴くと、自分の中の凝り固まった部分が柔らかくなってゆくのを感じて。ふいに涙が出そうになるー。なんでなの。バンドのもタカハシさんの声に呼応するように、というか、歌の良さを助長するような、暖かくて力強い音。『ヘッドフォン』という曲が、好きすぎ。

あと、ボノボちゃんとか。
あ、うんbonobos/あ、うん
もう、なんか、頼もしい!!!!と思った。笑えて泣けて、幸せだー。前回のアルバム(あ、ミニアルバムは聴いてないんですorz)と比べると、なんていうか…はっきりとしてるというか?感覚でしか感想いえないんだけど。輪郭がはっきりしてるというか。前のはもっとふわ〜っとしてた感じがするんだけど。
『on and on』と『この星につっぷしながら』が死ぬほど好きです!


あとレンタルしまくったり、いろいろ聴いたけど、この辺で。放棄。


スポンサーサイト

 


comment

どどどど、どうしよう。
見事に被ってる・・・(笑)


>アジさん
見事に被ってるって(笑)!
何がですか(笑)!
買ったものが?
音楽好み遍歴が??(笑)

  • etquart
  • 2006/07/01 3:04 AM









trackback


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--